産後骨盤矯正なら目黒区下目黒・西五反田・不動前の
あおぞら接骨院

小顔矯正・一般整体・国家資格を持つプロが施術する、ボキボキしない接骨院

  • 産後骨盤矯正でお悩みを解消!
  • 交通事故治療もおまかせください
  • 資格を持つプロが施術します

HOMEブログページ ≫ 【産後骨盤矯正】【目黒区】【不動前】【西五反田】足底筋膜炎 ≫

【産後骨盤矯正】【目黒区】【不動前】【西五反田】足底筋膜炎

足底腱膜炎

足底腱膜は踵(かかと)の骨から足の指へ広がる強靭な腱の膜であり、足の土踏まず(縦アーチ)を支える重要な役割があり、歩行・ランニングにおいて、地面と足部の衝撃を和らげるクッションとして働きます。
足底腱膜炎は、ランニング動作を中心に陸上競技に多い障害ですが、ふくらはぎの筋肉や足底腱膜が硬かったり、扁平足や土踏まずが高い足の場合、ランニングや歩行などで足底腱膜に強いストレスが加わります。このストレスが繰り返されること(オーバーユース)で、足底腱膜に炎症が起こり、痛みの発生につながることがあります。

という説目が一般的ですが、使いすぎ以外にも原因があります。
・合わない靴
・土踏まずが弱い
・下半身の筋力が弱っている
・久々の運動
などなど
オーバーユースでなると言われますが、条件が悪いと一日でなります。
朝起きて一歩目、足の裏、かかとが痛い方は足底筋膜炎かも。

2019年09月04日 11:20

あおぞら接骨院

あおぞら接骨院
  • 03-6420-3595
  • 〒153-0064東京都目黒区下目黒3-1-5パラスト下目黒103
  • 診療日 月曜日~土曜日
  • 診療時間 10:00~20:00(予約制)

モバイルサイト

あおぞら接骨院スマホサイトQRコード

あおぞら接骨院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!